ロゴ

専門会社にアンドロイドのアプリ開発を依頼した場合の流れとは?

アンドロイドとは

アンドロイドとは、米国グーグル社が開発したスマートフォン用のオペレーティングシステムのことです。一般的には、このオペレーティングシステムが搭載されたスマートフォンのことをアンドロイド端末と言っています。

アプリ開発の手順

アプリ

開発仕様書を作成する

アンドロイドのアプリ開発を行う上で、最初に行うことは開発仕様書を作成することです。この時には、どのようなアプリを何のために作るのかを熟慮して、最終的にはアプリのデザインや動作について決定して仕様書を作成していきます。

開発するプラットフォームを決定する

アンドロイドのアプリ開発は、どのようなアプリを開発するかによって、開発プラットフォームが異なってきますので、プラットフォームの選定から入ります。現在主流となっているプラットフォームは、AndroidStudioなどが一般的です。

画面デザインを作る

アプリの雰囲気をつかむために、最初に画面デザインを作りアプリのモックアップを作成します。この場合には、フォトグラファーやグラフィックアーティストなどが参加することもあります。モックアップにてある程度のアプリの雰囲気がつかめるようになります。

プログラミングする

次には、実際にJavaなどの開発言語を使用してのプログラミング作業に入ります。アンドロイドのアプリの開発環境はオブジェクト指向となっていますので、過去に開発した資産が流用できるようであれば積極的に流用して品質の高いアプリを開発します。

デバッグ作業の後リリース

一通り出来上がったアプリを、あらゆる使い方をしてバグを潰していくデバッグ作業を行います。この時には、ベーター版としてリリースし一般ユーザーに試してもらうこともあります。デバッグが終わるとリリースを行います。

アンドロイドのアプリ開発を請け負う専門会社の特長

スマートフォン

アプリ開発が人気の理由

現在、アプリ開発はとても人気になっています。それは、近年のスマートフォンの急速な普及によるものです。特に企業やお店の宣伝などにアプリは有効活用ができ、お店であればクーポンを発行するなどの独自機能が盛り込めるためアプリ開発を行う人が多いです。

男性

アプリを個人で制作する方法

アプリ開発は個人でも開発ができます。最近のAndroidアプリの開発プラットフォームとしては、AndroidStudioとなっていますが、この開発環境は無料でダウンロードできますので、パソコンさえあれば誰でもが初期投資ゼロ円にてアプリ開発が可能です。ただし、Javaなどのプログラミング言語を習得する必要があります。

ネットワーク

アプリ開発を請け負っている会社

アンドロイドのアプリ開発を請け負っている会社はたくさんあります。その中でも、大手の企業のソフトウェア部門や、中規模なアプリ開発業社、フリーでアプリの開発を請け負っている小さな会社など色々な種類があります。一般的に大手の企業のソフトウェア部門であれば、アプリの品質も良く納期も確実に守ってくれますが、開発費が高い傾向にあります。

業者に任せれば理想のアプリが作れる

一般的にアプリ開発業社では、豊富なアプリ開発実績があります。特にスマートフォン向けのアプリの開発環境は、オブジェクト指向となっているため、過去の資産を有効活用することができ、業者に任せた場合は短納期にて品質の高いアプリを作ってもらえます。